獣医師の仕事とは

獣医師とは人以外の動物の治療や体調の管理を行う仕事です。
この獣医になる為には大学の獣医学部に入学し、国家試験に合格することが大前提となります。
一度資格を取れば免許の更新もないので好きな土地で就職が可能です。
難点としてはペット用の獣医であれば自分の得意分野以外の患畜が来ても応対しないといけない事があります、これは動物園の獣医などもそうです。
競馬場の獣医であれば馬券を買うと解雇される事があります。
給与については幅が広いです。
例えば雇われペット獣医などでは動物が好きでないと務まらないくらいに給与が低く、競馬場の獣医では秘密保持の意味も込めてでしょうがかなり高額です。
産業動物を育てる際には定期健診を行う必要があります。
ペット獣医ではなく産業動物の獣医であれば一生安泰と言えます。
個人で動物病院を開くという選択肢もありますが、検査機器は動物用とはいえ人間用と大した違いはありませんのでかなり高額です。
一から開くのではなく跡継ぎを探している動物病院の雇われ獣医として働き、時期が来たら病院ごと譲ってもらう方法もあります。